サラシアとは、植物学でデチンムル科に分類されるサラシア属植物の俗称で主にインドやスリランカ、
東南アジアなどの亜熱帯地域に広く分布する植物です。
タカマ通販のハイサラシアの原料であるサラシアは、農薬などを使用していないインド産の自生種を採取しています。
サラシアはつる性植物ですので、茎の直径は20cmほどあり、長さは10m以上に達する大きな木もあります。
サラシアは日本には自生していない植物ですので、身近でサラシアの木やサラシアの花などを目にすることはできません。

写真は、今年インドで実際に観察した、「サラシア」です。
葉は細長い楕円形で長さが5~11cmあり、両面に光沢があります。
そして光沢のある葉の根元に、淡い淡黄緑色の芽のようなものが・・・。
これが、サラシアの花なんです。
小さな5枚の花弁が葉の根元を守るようにひっそりと咲いて、なんだか愛らしく感じますね。

ちなみに果実は球形で、完熟すると真っ赤に色づきます。
甘い果汁がとれるので、現地では食用としても利用されています。